tatsuroro blog

福岡発エンジニア生活

AI が趣味嗜好を解析して提供してくれる時代に個人のスタイルはどう確立されるのか

f:id:tatsuroro:20180911120105p:plain

Motion Graphics とか VJ なんかの映像表現が好きで、見ていて飽きないのだけど、 インスタグラムで MotionGraphics のおすすめアカウントを見つけて、センス良い表現を次々拾えるようになって素敵だった。

一昔前のインターネットにあった玉石混交なカオスさはすっかり鳴りを潜め、レコメンドエンジンは機械学習の成果を高め続けている。まあ良い時代やなとつらつら眺めながら、ふと怖くなった。

こんなふうに、自分で探さず流れてくるものをただ吸収していたら、自分の好みやスタイルはどうなっていくんだろう?初期値は?子供の頃の環境?

4歳の息子は毎日 NetflixAmazon Prime Video で好きなアニメを見て楽しんでいる。 (YouTube はおもちゃレビュー動画ばかりなので禁止してる)

子供の頃最初に触れるメディアが YouTubeNetflix みたいな、「洗練された」ものだけになって、最初にアカウントつくって見る動画がそれらメディアのおすすめによるとしたら、それは大多数の好みによって誘導される大多数の意見なのではないか?

どこまでいっても「○○」が好きなあなたには「XX」をオススメされる世界。

個人の趣味嗜好やスタイルが育つ前に、大多数の取捨選択結果とAIによる解釈が同質化を進めるのでは?きちんと個々人の好みが細分化していって、現代のような(ある意味分断されがちな)コミュニティへ分かたれていけるのだろうか?

と、ここまで考えて杞憂だなと思った。そんなの今に始まった話ではなかった。

人間の気質は遺伝的要素で7割決まっているという研究もあるし

初期値はあらかじめ決まっていて、あくまでも取捨選択と AI によるパターン分析と解釈があるだけなら、人間の(特に子供の)好奇心がそんな枠で収まりきることもない。つまるところ「好きなもの」を追求していくだけで、そのうち AI のレコメンドなんかには「飽き」て、より新しいもの、画期的なもの、共感できるものへと移っていくんだろう クリエイティビティが AI を使いこなす世界。ジャービス

アイアンマンはジャービスとスーツ作ってるシーンがなにげに一番ワクワクする。

www.cinematoday.jp

部活やサークル運営をかんたん便利にするようなサービスこそ LINE が作ればいいのに

趣味のテニスの話
テニスサークルに参加したいと思い、ご縁をいただいて顔を出す中で、テニスサークルのスケジュール管理と参加者調整をもっとスマートにできないだろうかと思いはじめた。

小さめのサークルだと、だいたい LINEグループで連絡を取っている。 トーク内に一ヶ月分のスケジュールと参加予定者をテキストで書いて、アップデートがあればその都度送るのだけど、どう見ても効率が悪そうだ。

テニススクールのイベント案内も、LINE トークにテキストで飛んでくる。こちらは Webサイトの予約フォームへのリンクなのでまだ楽だけど、Webサイトがスマホ対応してなかったり、不便が多い。
もっと手軽に予約したい。

サークルのスケジュール管理サービスなんてすでにたくさんありそうだと思って探してみたら、だいたいどれもグループウェア的な性格で、そのサービス内にコミュニケーションを囲い込もうと意図しているようだった。サイボウズ的な。(サイボウズLiveは 2019年4月でサービス終了だった)

clubkatsudo.com

www.c-sqr.net

www.team-manage.com

どれも求めてるものとちょっと違う。
プラットフォームは LINE でいい。もはやインフラなので
新規メンバー入るたびに「このサービスにアクセスして登録してね!」みたいなのは面倒くさすぎる。

LINEスケジュールはあるけど、これは単発イベント向けなので継続的なスケジュール管理は想定していない。

schedule.line.me

趣味は生活の延長なので、使うサービスは透明性を高めたい。
その点で LINE は頭ひとつ抜けている。

LINE、エンジニア大量採用かけているし engineering.linecorp.com

福岡市との連携もはじまったし gamebiz.jp

生活のデジタルインフラとして浸透していくと面白そう。

とはいえ、趣味領域のデジタルサービスは大きくマネタイズする領域ではなさそうなので
当分はユーザー側でうまいことやってね、になるだろうな
(だからこそ LINE くらい大きい会社にやってほしいのだけど)
今年はキャッシュレスの覇権争いで各社忙しそうだし

サービス作る余地ありそう。
LINE Developers を眺めながら、なにかうまいことできんかなと思案中。
LINE Developers

エンジニアブログをどのサービスで書くか悩み、結局はてなブログに落ち着いた話

子育てやらの家庭の事情で汲々としていてアウトプットを怠っていたが、さすがに危機感を覚えてブログ書こう、書きたいと思い立つ。
自前で StaticSiteGenerator 運用してもよかったけど、ソーシャルシェアとか関連記事表示とか、ブログの機能面で追従する手間が惜しいので、ブログサービスに乗ることにした。
自前で機能実装することでスキルを磨くのだという向きもあるだろうけど、ブログは書くことに集中したかったのでスキルは他で磨くと決め。
さて今から書くならどのサービスがよかろうかと調べてみたのでメモ。

候補は以下

結論、はてなブログに落ち着く。

理由は、日本在住のエンジニアが、主に日本の読者向けに、ある程度のゆるさでブログ書くのに一番しっくり来たから。 あと周りのWebエンジニアにはてな使ってる人が多かったので。 界隈とかコミュニティについてはよく知らない。本質はそこでは無いので別に気にしない。

以下、各候補についての検討内容

Medium

はてなと Medium でだいぶ悩んだ。が、Medium は総じてジャーナリズム感が強くて、ゆるい記事(趣味の話やライフログ)を書くのは気が引けた。書いても別に誰も困らないだろうけど、心理的距離という意味で。
書いた記事が自分の手を離れて Medium や SNS のネットワークを拡散していく、のが狙いだろうし醍醐味だと感じたので、ある程度オピニオンをまとめて投稿したい時に活用すれば良さそう。
一時期言われてた Medlim だと SEO が弱い(Google の検索結果に出ない) は、今はそんなこと無さそうだった。

dev.to

英語で記事書く場所。玉石混交感。日本語でおkが良かったので除外

note

ブログを書く場所ではなく、「価値ある文章」を「価値を感じる人」のもとへ届ける(買ってもらう)サービス。
「つくる、つながる、とどける」がテーマなので読者にとどける文章のクオリティもそれなりに大事そうだしゆるく書くのはこれまた気が引ける
だったら連載小説かエッセイ書くわ、という気持ちになった。

Qiita

エンジニアリング Tips 以外書けない。最初からそういう趣旨のサービスなので文句を言う筋合いではない、つまりニーズとマッチしてない。

WordPress or 自前

広告無いとかデザイン自由度とか編集方法とか、メリットはたくさんある。が、ブログメンテに手間かけたくないので除外

...

そんなわけではてなブログ。ゆるめに続けていこうと思う。 アウトプットする、と決めると俄然インプットに対してアンテナが立つので良い。 あれについて書きたい -> ネタが足りない、膨らませたい -> へーこんな情報あるんだ知らんかった という感じ

エンジニア生活ブログと言いつつテニスの話ばかり書くかもしれないが、そこは趣味も生活の一部ということでご容赦いただきたく。

「趣味と仕事を同じにすると効率が良い」と数名のエンジニア諸氏から聞き、共感はしつつも
別にわざわざそんな宣言しなくても、好き好きでいいんじゃないという気持ちになった今日このごろ
自分の趣味は8割テニス、2割SF(&映画・マンガ)なので仕事の効率が上がるかどうか微妙ですが
まあ健康維持には約立ってそうです。

git diff のカラー設定を変更する

普段ターミナルの文字色を緑色にして使っているが、git の diff color も緑色で、変更箇所がぜんぜんハイライトされていなかったのでカラー設定を調整した。

~/.gitconfig に以下設定を追加

[color "diff"]
  meta = green
  frag = blue
  old = red
  new = white

参考記事にはターミナルのデフォルトカラーを使用する設定もあったが、ちょこまかカラーいじってるのでいったん手動設定にする。

参考

git diffのカラー設定を変更する

Circle CI で Git submodule を Clone する(Circle CI ver.2.0)

※ ブログを StaticSite で構築してた時のログをはてなにインポートしたものです

  • ブログでアウトプットする習慣をつくろうと思い、手始めに構成を変えた
  • hugo + Circle CI deploying + firebase hosting にした。身近な良さげな構成に思い切り乗っかった
  • Circle CI が ver.2.0 でとても速くなったと聞いたので試したら、秒速デプロイで最高になった
  • ついでに docker image も作って、あとでデプロイ内容をカスタマイズしやすいようにした
  • ついでに hugo theme もフォークして、自分好みにカスタマイズしたい所存(今後やる)
  • forked theme を blog repository の submodule として配置したら、CI デプロイ時に index.html が生成されなくなり、原因を調べたところ表題の submodule clone が行われてないためにテーマファイルがロードされてなかったのであった

Circle CI で Git submodule を Clone する

Circle CI v1 では以下とのこと。

Circle CI で git の submodule を含めてテストをする Circle CIでgit submoduleをクローンしたい場合

ver.2.0 の場合、checkout にサブコマンド無さそうだったので、以下のように書いて解決した。

steps:
  - checkout
  - run: |
      git submodule sync
      git submodule update --init

Git submodule 便利。初歩的な穴に落ちて、挙動への理解が深まった。

Boostnote の Vim keymap 時にキーリピートを有効にする

理想のメモアプリを求めてしばらくさまよっていた。Bear みたくクラウドで同期できて、Simplenote みたく無料で使えて、Vim みたく Vim キーバインドで書けるアプリを探してて、もう作ろうかと思っていたら Boostnote に出会った(遅まきながら)

Boostnote、必要な機能がちょうどいい UX で実装されていて、Vim keymap も最高で最高であったが、 Vim keymap 時に j, k などのキーリピートが効かなかったので、VSCode の設定を流用して解決した。

手元の環境は MacOS High Sierra

defaults write com.maisin.boost ApplePressAndHoldEnabled -bool false
defaults write com.maisin.boost.helper ApplePressAndHoldEnabled -bool false

上記設定で j k などのキーリピートが動くようになる。

余談だけど、 com.maisin てなんぞと思ったら開発元の会社名が MAISIN&CO.株式会社 だったのね 福岡本社だし東京オフィスがラトゥール新宿だし(かつて KaizenPlatform も入居していた)、勝手に親近感が沸いた https://maisin.co/

Boostnote 良いです。モバイルアプリがこれからなので、コントリビュートしていきたい。